puis-je

不惑すら遥か彼方。

iOS 9.3.5のiPad

Swift楽しい。

普段はAndroidを使ってるので、iOSの端末は少し古めのiPadiPad mini、それに電池が保たなくなったiPod touchしか持っていない。

Xcodeの標準がiOS 10になっていたので、ケーブルで繋いで転送しようとしたらエラーメッセージが出た。

設定するところを探して、作成中のプロジェクトの対応バージョンを9.3に下げると、すんなり転送できた。

単純に"Hello, Swift!"と画面に出るだけのものだが、何だろうな、この楽しさは。

Swiftを始めてみようと思う

こんな本を買った。

これからつくる iPhoneアプリ開発入門 ~Swiftではじめるプログラミングの第一歩~

これからつくる iPhoneアプリ開発入門 ~Swiftではじめるプログラミングの第一歩~

 

 とりあえず、コツコツやってみようと思います。

2017/06/04の日記

上り坂でブレーキングに失敗してどんどん後ろに下がってしまう夢で目が覚めた。

 

午後、天気が良いのでどこか外でお茶が飲める店を探そうと出かける。

近隣で幾つか検索して、古民家を改造した、非常にわかりにくい場所にある店に行く。

中学生になった娘は、ココア、但し砂糖ナシ。

入れないのか、と尋ねたところ、

「なんだか、砂糖を入れたら負けた気がする」

というよくわからない理由。

 

土曜日の中学校の体育祭を見学していた時の腕の日焼け、七歩袖を着ていたため、中途半端な位置から先が赤くなっている。

まだ少しヒリヒリしている。

 

ここ数年、いろいろな物事を「面倒くさい」と感じる事が増えた。

自身に残された時間を思い、今後は「面倒くさい」と感じたら敢えてそれをやる、という罰ゲームを己に課することにしよう。

 

ビールを飲んで眠くなってしまい、もう風呂は面倒くさい、と思ったので入浴した。

爪が伸びてるが、まだいいだろう、面倒くさいし、と思ったので、すぐに爪を切った。

さて、いつまで続くかな。

 

 

Jules Shear

どうしても名前が思い出せなくて、「ほら、シンディ・ローパーのヒット曲を共作してたあの男性シンガー」とブツブツ言いながらググっていて、ただ今度はその曲のタイトルを思い出せなくて、齢をとるとはこういうことか、と思いながら、結局はGoogleMusicにアップロードしてあった自分の持ってるCDをアーティスト別に上から順番に見ていって、Jのところでようやく見つけた。

この人も、国内盤は出ない人になってしまったなぁ、こんなに良いアルバムなのに勿体無いなぁ、と。

 


Jules Shear and Patty Griffin - windows and walls

 


"it's all over but the smoke" duets jules shear ron sexsmith

 

Between Us

Between Us

 

 

Eels

Eelsの来日公演に行ったのはいつだったかと思って調べてみたら、2003年9月28日だった。場所は渋谷のClubQuattro。オープニングアクトMC Honkey(結局、MC Honkeyってだったのか)。

続きを読む

リタイヤ世代とプログラミング

少し前に読んだ記事で、気になっていたもの。
私自身、この年齢に近づいてはいるのだけれど、いろいろと共感できる部分がある。

続きを読む

Scratch - イベントドリブン

先日の続きを、この本を読みながら。
今まで、ムスメがやっているのを横目で見ながら自分でもいくつかScratchで作ってみたことはあったのだが、こうして読みながら新たに知ることも多く、試行錯誤している経過を書き留めておくことで忘れないようにもできるかな、と。

続きを読む